猫背の治し方6−肩と足の考え方

も!日々新です。

今日も猫背の治し方について、
お話していきます。


前回は、背骨とつながる部分、
骨盤と頭の考え方についてお話しました。


今回は、さらにその周辺の
部分、

■肩と足

の考え方について、お伝えしていきます。


まずは、肩についてですが、

肩は、以前にも少し触れたことが
ありますが、

肺の裏にある背骨と
連動しています。

試しに、
両肩をどんどん開いていくと
背骨がどんどんそっていくのを
感じるでしょう。


■正しい
 肩の位置は、あなたの背骨の正しい位置
 (あなたの「S」)
 に対して、あくまでも自然な形で開いている



といった感じです。

自然な位置を調べるには、
いつものように
少しずつ肩を開いたり、
少しずつ肩をすぼめたりして
一番しっくりくる位置を確認してみてください。



次は、足に関してですが、
前回、

■地面に棒を刺してその棒に上から玉を刺す

地面 ⇒ 骨盤
棒 ⇒ 背骨
玉 ⇒ 頭

このイメージで安定できるポジションを
見つける、
という話をしました。


足のことを考えると

地面 ⇒ 足の裏
棒 ⇒ 脚も含めた体全体
玉 ⇒ 頭

という感じになります。

しかし、
この足の正しい位置というのは、
いろいろ諸説あり、
はっきりと「こう」だというものが
ない、状態です。


あくまでも、僕が感じている
ポイントを箇条書きにしておきますので
参考にして下さい。


▼▼足の正しい位置のポイント

■足の開き幅は、腰幅くらい

肩幅でなく、腰幅です。


■つま先は、ごくごく少しだけ
 かかとより開き気味にする

■ひざはピーンと張らず、ほんの少しだけだが
 曲げた状態

■体重が両足の裏全体に均一に
 かかるように重心の位置を微調整する

 

以上、参考にして下さい。



これで、
あなたは、体全体の
正しい位置というものに
ついてひととおり学べたと思います。


一日の中で
何度も何度も思い出して、
正しい位置に戻すように
心がけて下さい。



では、今日はこの辺で。


続きはまた次回。。


▼▼猫背の天敵は、
  「座ること」です。
  そもそも座る時の姿勢のくずれから
  猫背が始まっているという
  パターンがほとんどだからです。
  
  なので、座っている時の
  姿勢を保つためには、
  何らかの対策した方がいいです。

  たとえば
  このクッションはおススメです。



正しい姿勢をサポートするクッションの秘密とは?コチラから!






猫背の治し方ブログのトップページへ




当ブログの管理人、日々新のメインブログはこちら






posted by 日々新 at 05:45 | 猫背の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。