猫背の治す時のポイント - 体に力を入れない

こんにちは。

では、今日も
猫背の治し方について
お話ししていきます。

今までで、正しい姿勢にするための
話しはほとんど終わってますので、
今日は、補足的な注意点を
お話しします。

今日の注意点は、

■体に力を入れない

ということです。


たとえば、

「正しい姿勢を維持する」

という言葉をあなたが
聞いた時、
今までのあなたなら
どういう体のイメージを
していたでしょうか。

たぶん、
背中に力を入れて背すじを
シャンと伸ばし、
その姿勢を維持するために
体に

■ギューッと

力を入れ続ける。。


こんな、イメージでは
ないでしょうか。

よくよく考えてみると
こんなやり方では、
長続きするわけがないですね。。^^;


今までの
記事を読んでもらえた人は
分かってもらえると
思いますが、

僕が提案しているやり方は、
まったく逆の方法です。

■どんどん楽に構えて
■どんどん力が抜けていく


こういう方向性です。


しかし、
この治し方にも
立ちはだかる
敵がいます。


■正しい姿勢をキープしようと
 意識すると
 どうしても、無意識のうちに
 力が入ってしまう


ということです。


これは、キープしようとするあまり、
体を固定しようとする意識から
生まれてしまう力です。


実は体は、
もっとやわらかい

■クニャクニャ

なモノなのです。


ゴム人形のようなものです。


体の一部分を
動かしただけで、
体のいろいろな部分が
動いているものなのです。

なので、
その体の動きを
封じ込め、
正しい「あなたのS」を
守ることに
固執してしまうと、

体に余計な力が入ってしまう
ことになります。


このことも
計算に入れて

■体に力を入れない

ことが大切です。


あなたの姿勢を
固定してしまうのでなく、
クニャクニャの力を入れない状態で
自然にかまえる、

こんな状態です。


少し難しいところまで
踏みこんでしまいましたが、^^;

ここら辺の
感覚まで手に入れると
あなたは、もう

■正しい姿勢の達人

の域まで到達することができます。


ぜひ、意識してみてください。


では、今日は
この辺で。。


▼▼正しい姿勢を保つのが
  一番難しいのは、
  「座るとき」です。

  座るときは、補助グッズを
  使ってみるのも効果的です。



正しい姿勢をサポートするクッションの秘密とは?コチラから!





猫背の治し方ブログのトップページへ





posted by 日々新 at 14:36 | 猫背を治す時のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫背の治し方7−少しだけ動かしてみる

では、今日も猫背の治し方について
お話していきます。

今日までのステップで、
正しい姿勢に
ついての説明は、
ほぼ終わりました。


今回は
その後の微調整について
お話しします。


一言で言ってしまうと、
その方法は、

■少しずつ動かしてみる

ということになります。


あなたは、今
ほぼ正しい姿勢を
つかんでいることと
思います。

一度、正しい姿勢を
してみてください。


たとえば、
そこから、

▼もう少しだけ、
 両肩を開いてみる


とか

▼もう少しだけ、
 骨盤を前に出してみる


とか、
少しずつ体の各部位を
動かしてみるのです。


ほんの少しずつですよ。。


もちろん違和感があれば
もとに戻します。


こうやって
いろいろ試すうちに
より気持ちのいい、
楽に構えることのできる
ポイントが
見つかったりします。


見つかったら、
そこのポイントを
できる限り意識して
その位置を覚えるように
します。


こういったエクササイズを
たまに実行することで

■あなたの姿勢



■あなたの体に対する感覚

は、より研ぎ澄まされていきます。


しょっちゅうする必要は
ないですが、

たまーに、やってみましょう。



勘のいい人は
気付かれていると思いますが、
今までで、僕が
お伝えしてきた

■猫背の治し方

というのは、実は
全部同じ3つのステップで
行われています。


1■少しずつ動かす

2■体が感じる
 「ゆったりとして」
 「気持ちよく」
 「より楽な」
 位置をみつける

3■その位置を
  体に覚えこませる


です。


実は、
あなたの体は、
正しい姿勢を
初めから知っているんですね。

それを体に
聴いてあげればいい、
ということだけなのです。


だから
あなたも
体の感覚が鋭くなっていけば、
どんどん細かい部分も
聴いてあげて、

体の望んでいる位置に
戻してあげればいい、
ということになります。


姿勢に関する問題は
ほぼこの流れで
解決できるはずです。


そういうことなのです。



では、
今日はこの辺で。。


▼▼猫背の大きな原因の
  ひとつとして、
  「座っている時の姿勢」
  があげられます。

  こちらのグッズを
  使用することで
  座っている時の姿勢を
  楽に改善できます。



正しい姿勢をサポートするクッションの秘密とは?コチラから!





猫背の治し方ブログのトップページへ





当ブログの管理人、日々新のメインブログはこちら





posted by 日々新 at 06:47 | 猫背の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫背の治し方6−肩と足の考え方

も!日々新です。

今日も猫背の治し方について、
お話していきます。


前回は、背骨とつながる部分、
骨盤と頭の考え方についてお話しました。


今回は、さらにその周辺の
部分、

■肩と足

の考え方について、お伝えしていきます。


まずは、肩についてですが、

肩は、以前にも少し触れたことが
ありますが、

肺の裏にある背骨と
連動しています。

試しに、
両肩をどんどん開いていくと
背骨がどんどんそっていくのを
感じるでしょう。


■正しい
 肩の位置は、あなたの背骨の正しい位置
 (あなたの「S」)
 に対して、あくまでも自然な形で開いている



といった感じです。

自然な位置を調べるには、
いつものように
少しずつ肩を開いたり、
少しずつ肩をすぼめたりして
一番しっくりくる位置を確認してみてください。



次は、足に関してですが、
前回、

■地面に棒を刺してその棒に上から玉を刺す

地面 ⇒ 骨盤
棒 ⇒ 背骨
玉 ⇒ 頭

このイメージで安定できるポジションを
見つける、
という話をしました。


足のことを考えると

地面 ⇒ 足の裏
棒 ⇒ 脚も含めた体全体
玉 ⇒ 頭

という感じになります。

しかし、
この足の正しい位置というのは、
いろいろ諸説あり、
はっきりと「こう」だというものが
ない、状態です。


あくまでも、僕が感じている
ポイントを箇条書きにしておきますので
参考にして下さい。


▼▼足の正しい位置のポイント

■足の開き幅は、腰幅くらい

肩幅でなく、腰幅です。


■つま先は、ごくごく少しだけ
 かかとより開き気味にする

■ひざはピーンと張らず、ほんの少しだけだが
 曲げた状態

■体重が両足の裏全体に均一に
 かかるように重心の位置を微調整する

 

以上、参考にして下さい。



これで、
あなたは、体全体の
正しい位置というものに
ついてひととおり学べたと思います。


一日の中で
何度も何度も思い出して、
正しい位置に戻すように
心がけて下さい。



では、今日はこの辺で。


続きはまた次回。。


▼▼猫背の天敵は、
  「座ること」です。
  そもそも座る時の姿勢のくずれから
  猫背が始まっているという
  パターンがほとんどだからです。
  
  なので、座っている時の
  姿勢を保つためには、
  何らかの対策した方がいいです。

  たとえば
  このクッションはおススメです。



正しい姿勢をサポートするクッションの秘密とは?コチラから!






猫背の治し方ブログのトップページへ




当ブログの管理人、日々新のメインブログはこちら




posted by 日々新 at 05:45 | 猫背の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。